歯ぐきのケア 移植・形成・再生

当院では歯ぐきが下がった・後退した等の症状のご相談もお受けしております。また、その逆で生まれつき歯ぐきが歯に覆いかぶさっており、歯が短いといったお悩みの方の形成・整形治療のご相談もお受けしております。

歯ぐきの移植

歯ぐきの移植

上あご(口蓋側)の歯肉を歯ぐきに移植し、ボリュームや高さを出す移植の方法です。CTGやFGG法等の遊離歯肉移植術を用い、下がった歯ぐきを取り戻します。

歯ぐきと骨の再生治療

エムドゲイン・GTR膜

エムドゲイン
Straumannパンフレットより転載

再生材料にはエムドゲインゲルやGTR膜などを使用し、感染した歯周組織をキレイに除去したあと、再生材料をあてがいます。再生治療後の成功率は50%ほどで、患者さんの症状や感染している面積などによって個体差で成功率が左右されますが、そういったリスクをご説明した上で、治療スタートするかどうかを判断していただいております。

骨造成・再生

骨造成・再生

歯ぐきが下がっている場合、その下の歯を支える骨(歯槽骨)が過度に下がっている場合があります。このようなケースは土台となる骨も再生する必要があります。当院では適切な診断のあと、ケースに応じて骨補填材をあてがい、骨と歯ぐきを再生する治療を行うことがあります。

歯ぐきが下がる原因は

  • 歯周病による感染の進行(歯周病が歯ぐきと骨を溶かす)
  • 歯の一部に噛み合わせが強く当たっている(土台となる歯ぐきがダメージを受ける)
  • 日常的な過度のブラッシング(硬めの歯ブラシで強く歯磨き)
  • 矯正歯科治療による影響

何らかの原因で、歯ぐきが下がり見た目の問題や痛み等でお困りの方はお問い合わせください。

歯ぐきの過剰な被覆を整える形成治療(歯肉整形)

歯肉整形

生まれつき(先天性)で前歯の歯ぐきが過剰に覆いかぶさっていることがあります。

健康面では問題はありませんが、口を大きく開けたときに目だってしまったり、歯が短いような印象を受け、お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

ごく軽度なガミースマイルであれば、歯ぐきの境目をキレイに形成して、リップラインを揃えることができます。お悩みの方はご相談ください。

歯ぐきの黒ずみ・メラニン除去

メラニン除去

歯ぐきが健康的なピンクでなく、なんとなく黒ずんでいる、灰色がかっている、という方も少なくありません。そういった方は、ガムピーリング法と呼ばれる施術方法で、着色の成分であるメラニンを除去し、健康的な歯ぐきの色に戻せる場合があります。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
03-6912-0465
平日10-13時 / 15時-19:30
土曜9-12時 / 13時-15:30 日曜9-12時
水曜・祝:休診

  • アクセス・地図
  • お問い合わせ

診療時間表
▽は午前9:00~12:00 / 午後13:00~15:30まで

江戸川橋地図

東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」4番出口徒歩5分
〒112-0005 東京都文京区水道2-14-11