歯周病

日本国民の成人の8割(5人に4人)が患っていると言われる歯周病は、初期の自覚症状があまりなく、気づかないうちにどんどん進行していき、やがては歯が抜け落ちる大変怖い病気です。

歯周病進行の様子

歯は虫歯で無くなると思っている方もまだまだ多いのですが、歯の抜ける原因の第一位は、虫歯ではなく歯周病です。歯ぐきと歯を支える骨(歯槽骨)を溶かす感染症ですので、早期発見とケアが大切です。

ここでは当院で行っている歯周病の治療についてご紹介していきます。

歯石除去(スケーリング)

スケーリング

歯周病の基本治療になります。歯石に細菌が住みつき、その細菌が骨を徐々にとかし、歯ぐきの高さやボリュームを下げていきます。目に見える歯石から歯ぐきの中(歯周ポケット)に入り込んだ歯石まで、専用のスケーラーという器具を使って丁寧に除去していきます。

歯石除去の症例

歯周外科治療

歯周外科

歯周病に感染した歯ぐきと歯石を外科処置で落としていき、進行を食い止める方法です。フラップ術式とも呼ばれ、中度~重度の歯周病のケースに対して適応になる場合があります。

再生治療

エムドゲイン
Straumannパンフレットより転載

エムドゲインゲルやGTR膜といった再生材料を歯ぐきにあてがい、歯ぐきの再生を促す方法です。感染の量や個人差にもよりますが成功率は約50%ほどで、症例により、再生治療が適応になる場合があります。

このような方へ

当院の歯科医師は、再生療法や歯周外科についても多くの実績があります。以下の症状でお悩みの方はご相談ください。

  • 歯ぐきが下がってきた気がする
  • 歯ぐきが腫れたり膿んだりしている
  • 歯がぐらついているような気がする
  • 歯が長くなってきたような気がする
  • 歯科治療を繰り返していて、歯がボロボロになっている

まずはあきらめずにご相談ください。歯周病は、進行を食い止めるために、なるべく早く歯医者を受診することをおすすめいたします。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
03-6912-0465
平日10-13時 / 15時-19:30
土曜9-12時 / 13時-15:30 日曜9-12時
水曜・祝:休診

  • アクセス・地図
  • お問い合わせ

診療時間表
▽は午前9:00~12:00 / 午後13:00~15:30まで

江戸川橋地図

東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」4番出口徒歩5分
〒112-0005 東京都文京区水道2-14-11