総入れ歯の修理・部分入れ歯の調整・製作

部分入れ歯・総入れ歯の修理、調整、新規製作を行っています。インプラントが一般的になる以前は、歯が無い場合の第一選択治療は義歯でした。ここでは当院が導入しているよく噛める入れ歯の種類についてご紹介いたします。

金属床入れ歯

金属床

お身体に馴染みやすい、チタンやコバルトクロムの金属素材を入れ歯のフレーム枠に使用し、薄くピッタリとフィットする入れ歯を製作いたします。

  • 非常に薄く、保険入れ歯の1/3~1/5の薄さで製作することができる
  • 軽量で頑丈、錆びることなく長持ちする
  • 飲食物の温度がお口の中に伝わりやすく、熱い・冷たいといった感覚で美味しく食事ができる
  • 汚れが付きにくく清掃性がある
  • 喋りやすく発音がしやすい

レジン床入れ歯(プラスチック)

レジン床

レジン床は合成樹脂(プラスチック)製で出来た入れ歯で、保険治療で製作できます。費用は比較的安く、壊れた時の修理や調整もしやすいのが特徴です。

金属フレームの入れ歯に比べると、分厚く作られ、破損しやすい等、自費の金属床入れ歯よりはデメリットはあります。

ノンクラスプデンチャー(バネの無い軽い入れ歯)

ノンクラスプデンチャー

特殊な柔らかい樹脂で製作され、軽くて弾力がある歴史のある義歯です。歯ぐきの色に近い自然な色をしていますので、口を大きく開いても、入れ歯をしていることが目立ちません。

「入れ歯の金属色の針金(留め金のバネ)が見えて気になる」という方にはオススメです。

マグネットデンチャー(磁石で固定する入れ歯)

磁石式入れ歯

ご自身の天然の歯根が残っていれば、歯根の頭に磁石を取り付け、その磁性力を利用して、入れ歯を固定できます。磁石により、ガタつかず、ぴったりフィットした入れ歯が実現できます。

歯根が残っていない方でも、インプラント治療と併用し、マグネットで取り付けることができます。

インプラントで固定する入れ歯

数本のインプラント治療で入れ歯を固定することが可能です。特に総入れ歯の方は、取り外しができて、かつピッタリと固定されるのでおすすめです。

ロケーターインプラント

ロケーターインプラント

ロケーターインプラントは信頼性が高く歴史のあるメーカー「ノーベルバイオケア社」が開発した、インプラントで固定する着脱式の入れ歯です。しっかり固定され、好きな時に取り外しができるので清掃性をが高く、お口の中が清潔に保てます。

オールオンフォー等に見られる永久固定式のインプラントブリッジと入れ歯の、双方のデメリットを解消したインプラント式の入れ歯です。こちらの治療方法は、患者さんから好評をいただいております(顎の骨の足りない方、薄い方等は事前に骨造成・再生治療が必要になる場合があります)。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
03-6912-0465
平日10-13時 / 15時-19:30
土曜9-12時 / 13時-15:30 日曜9-12時
水曜・祝:休診

  • アクセス・地図
  • お問い合わせ

診療時間表
▽は午前9:00~12:00 / 午後13:00~15:30まで

江戸川橋地図

東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」4番出口徒歩5分
〒112-0005 東京都文京区水道2-14-11