奥歯の詰め物(セラミックインレー)

虫歯等で奥歯の一部を失った場合、白い詰め物の処置として、以下の治療方法を行うことがあります。また、現在の銀歯(銀色の詰め物)が外れたり取れたりした方、奥歯の金属色が気になる、という方もお問い合わせください。

白いペースト状の詰め物を固める方法

CRインレー

奥歯の詰め物の箇所が比較的小さな場合は、白いペースト状のレジン素材を詰めて固めることで、治療ができる場合があります。基本的には、保険適用のCRインレー(プラスチック)を使用します。

グラディアダイレクト

経年変化で唾液や飲食物の色を吸収し変色が起こる場合がありますので、色が気になる方は定期的なやり変えが必要です。

セラミックインレー(歯科技工によるセラミックの詰め物)

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー

ハイブリッドセラミックと呼ばれるレジンプラスチックとセラミックの中間素材のインレー(詰め物)です。100%セラミックの詰め物と比べると比較的安価で、適度な柔らかさと美しさを備えています。経年変化で唾液や飲食物の色を吸収し変色が起こる場合がありますので、色が気になる方は定期的なやり変えが必要です。

イーマックスインレー(e.max)

イーマックスインレー

ニケイ酸リチウムガラスという次世代のセラミック素材で出来た白く自然で透明感のある詰め物です。100%セラミックでできた丈夫でしなやかな弾性(曲げ強度)のある素材のため、噛む力の強い奥歯には最適なセラミックインレーとして近年人気があります。

その他、症例やご希望に合わせて、ゴールドインレーやパラジウムインレーを奥歯の詰め物に用います。奥歯の詰め物が欠けたり、口を大きく開けたときに、金属の詰め物が目立って気になる方は、お気軽にご相談ください。

歯科技工士(セラミスト)紹介

当院がセラミックインレーの製作依頼を出している歯科技工士は、以下のページでご紹介しています。

⇒歯科技工士についてはこちら

セラミック治療の治療内容・リスク副作用などについて

ここでは、医療広告ガイドラインに基づき、歯科治療におけるセラミックインレーやオールセラミッククラウン等の詰め物・被せ物のセラミック治療についての治療内容・リスク・副作用について記述いたします。

治療内容・このようなケースに

虫歯治療後もしくは見た目の問題で歯を白くしたい場合など、歯の一部または大部分を失った場所に対してセラミック素材の詰め物・被せ物を接着して見た目・咬み合わせの回復をはかる治療方法。

  • 虫歯治療後の詰め物・被せ物を白く希望される場合
  • 現在の金属の詰め物・被せ物が取れたり欠けたりして、再治療に白い物を希望される場合
  • 現在の金属の詰め物・被せ物に問題はないが、見た目を自然に白くしたい場合
  • 金属アレルギーのある方、または心配な方に
  • 現在の詰め物・被せ物・ブリッジに違和感・不調のある方などに
  • 歯茎との境目が黒ずんで気になる方に(メタルタトゥー)

健康保険と自費の適用について

セラミック治療は、自費診療となり健康保険対象外です。

未承認医薬品、医療機器等の使用の有無

当院では、セラミック治療において国内で承認されていない未承認医薬品、医療機器等を使用しておりません。

リスク・副作用

  • 金属単体のインレー・クラウンより若干、歯の体積を削る量が多いことがあります
  • 個人差により、ごく稀に欠けたり壊れる可能性があります
  • 事前に神経の処置(根管治療)や土台(コア)の処置が必要となることがあります
  • 咬み合わせ・歯ぎしりの強い方は、破損防止のためにマウスピースをおすすめすることがあります

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
03-6912-0465
平日10-13時 / 15時-19:30
土/日/振替休日9-12時/13-16時
水曜・祝:休診

  • アクセス・地図
  • お問い合わせ

診療時間表
★は午前9:00~12:00 / 午後13:00~16:00まで

江戸川橋地図

東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」4番出口徒歩5分
〒112-0005 東京都文京区水道2-14-11